フラクショナルレーザー治療は誰でも受けることは可能か?

フラクショナルレーザー治療は誰でも受けることはできるのか?制限はあるのか? - フラクショナルレーザー治療をする際の痛みの軽減法とは

フラクショナルレーザー治療をする際の痛みの軽減法とは

フラクショナルレーザーで肌の治療を行う場合、人によっては痛みに耐えられない、耐えきれない、と言った場合もあると言われています。
痛みに強くないタイプの方にとっては、いくら美容の為、自分のコンプレックス解消の為とはいえ、耐えがたい事になるかもしれません。
こうした場合にはどのような対処法があるのでしょうか。
■フラクショナルレーザーで治療する際の痛みの軽減法とは
フラクショナルレーザーで治療を行う場合、どうしてもレーザーの出力と治療の効果の兼ね合いで、痛みを生じる事があります。
そう言った場合には、麻酔を使用する事があり、局所麻酔や、表面のみに作用する麻酔を使用する事があります。
広範囲にわたって治療をする時には静脈麻酔をする事もあるようですが、その際には別途料金が発生する他、治療の際の料金にも変動が生じるようです。
麻酔の主な種類としては、上記の他に、全身麻酔、硬膜外麻酔、笑気ガス麻酔等があります。
他の整形手術等を同時に行う場合には、各種麻酔を組み合わせる事もあるそうです。
麻酔を使用して治療する事により、費用の面では少しかかってしまうのですが、その分痛みを軽減する事が出来る他、痛みに対する不安の無い状態で施術する事が可能になります。
■フラクショナルレーザーで治療する際の痛みの軽減についてのまとめ
最初から痛みに耐える自信が無い場合には、事前のカウンセリング時に良く相談し、麻酔を使用した施術を行うようにして貰うと良いでしょう。
その際の麻酔の種類や効き目に対しても事前に良く把握しておき、出来るだけ不安の無い状態で施術する事が施術に対する痛みへの軽減法となると思います。
麻酔を使用する場合とそうで無い場合の料金の確認もしておくと良いでしょう。

関連する記事