フラクショナルレーザー治療は誰でも受けることは可能か?

フラクショナルレーザー治療は誰でも受けることはできるのか?制限はあるのか? - フラクショナルレーザー治療で失敗するケース

フラクショナルレーザー治療で失敗するケース

フラクショナルレーザーは、別名を肌や皮膚の整形と言われているレーザー治療です。
主に、肌にトラブルや悩みを抱える肩が治療を行うのですが、フラクショナルレーザーで治療をして失敗したと言うケースはあるのでしょうか。
■フラクショナルレーザー治療で失敗する例
フラクショナルレーザー治療を受ける人の大半は、その効果に大満足する方が多いと言われています。
ですが、中には失敗をしたと感じている方も一部居て、その失敗するケースと言うのは、元々、肌が綺麗な方がフラクショナルレーザー治療を行った場合に発生する事が多いようです。
フラクショナルレーザー治療は元々、新しい肌にリセットすると言う治療目的である為に、まさに肌を入れ替える事が出来るので、ニキビ痕や傷痕まで治療する事が出来るものなのです。
こうした肌のトラブルや悩みが無い、元々肌の綺麗な人がフラクショナルレーザー治療を受けると、逆に失敗してしまい、以前よりも肌質が落ちたりするリスクがあると言われているのです。
■フラクショナルレーザーで治療する場合に失敗し無い為に
普段から肌の綺麗な方でも、小鼻の毛穴だけが気になる、と言う事も珍しくないでしょう。
そう言った場合には、事前にクリニックの医師と良く相談をして、弱い照射レベルで照射して貰ったり、部分的な施術をしてもらうよう相談する事がおすすめです。
顔全体に照射してしまうと、元々美しい肌を傷つけてしまうリスクがありますから、こうした相談はとても重要になると言えます。
目じりの小じわだけ、小鼻の毛穴だけ、口角の小じわだけ、のように、部分的かつ弱めの治療をしてもらい、様子を見ると言う方法も有り得ると思いますし、顔全体のリスクを避ける方法でもあると思います。

関連する記事