フラクショナルレーザー治療は誰でも受けることは可能か?

フラクショナルレーザー治療は誰でも受けることはできるのか?制限はあるのか? - フラクショナルレーザー治療を受けられないケース

フラクショナルレーザー治療を受けられないケース

最近ではお肌に悩みを持った女性がフラクショナルレーザー 効果を期待して治療を受ける人が多いレーザー治療の1つです。
フラクショナルレーザーとひと口に言っても様々な種類があり、機種も最新の物が日々開発されていると言われています。
様々な肌トラブル、美容効果が期待出来るフラクショナルレーザーは、一見すると万人向けのような印象を受けますが、治療を受けられないケースと言うのはあるのでしょうか。

治療を受けられないケース

フラクショナルレーザーでの美容効果を狙った治療を受けられないケースは、実は意外にも多くあります。
先ず、妊娠の可能性がある方、既に妊娠が分かっている妊婦の方は、治療を受ける事が出来ないとされています。
また、その他のケースでは、光過敏症、ケロイド体質の方、アトピー性皮膚炎や、何らかの感染症等の肌トラブルを抱えている方も、治療を受ける事は出来ません。
さらに、1か月以内に強い日焼けをしている方や、治療後に日焼けの可能性が有る方も治療を断られるケースが多いと言われています。
あくまでも、健康でアフターケアまでしっかりと出来る方が対象となる事が多いのです。

後々のトラブルを回避する為に

uyktd
治療を受ける事が出来ない方々が、その事実を隠したり、黙っていて治療を行った場合、ご自身の肌に対してトラブルが発生するリスクが非常に高くなります。
その為、事前のカウンセリング時に、ご自身の体調や体質について、どのような治療がどこまで可能であるか、自分が治療を受けられる体であるか、しっかりと正直に話し合い、相談する事が重要となってきます。
ご自身の責任で隠していた場合等の肌トラブルに関してはクリニック側で責任を取らない事も多いと言われているからです。
フラクショナルレーザーによる治療は近年様々なニーズに対応出来るとして大変注目を集めていますが、医療用レーザーのように保険適用にはなるのでしょうか。
治療費の面では、クリニックによって違いがあるのは医療用レーザーも同様ですが、フラクショナルレーザーの場合は、特にその金額の違いが目立つような気がします。
保険適用になるフラクショナルレーザーによる治療と言うのは存在するのでしょうか。

フラクショナルレーザーは保険が適用になるの?

jytdjytd
フラクショナルレーザーによる治療は、基本的には自由診療となっており、保険適用外である事が一般的です。
その為、治療費の面では、格安のクリニックもあれば、高額な治療費のクリニックも存在しています。
フラクショナルレーザーによる治療は、美容を目的とした治療が多い事から、保険が適用にならないので、こうした現状となっているようです。

保険適用になるフラクショナルレーザーによる治療と言うのは存在するのか

基本的には保険適用になるようなフラクショナルレーザーによる治療は存在していません。
全てのフラクショナルレーザーによる治療は自由診療であり、保険適用外なのです。
例えば、ニキビ痕の治療だとしても、それは自由診療とみなされ、保険が適用になる事はまずありません。
その他、肝斑等の場合であっても、同様である事が基本のようです。

フラクショナルレーザーによる治療は保険が適用になるの?のまとめ

美容外科、美容クリニックによって治療を受ける事がほとんどであるフラクショナルレーザーによる治療は、基本的に自由診療である事から、保険は適用にならない事が一般的です。
その為、治療費の面では、クリニックによってかなりの差がある事が多いようです。

更新情報